読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとの話!アロマセラピーを買うならココ |

今作は、さらにレシピなどが増えていて、より実践的な感じです。なお!薬代わりにアロマを使う時は!あくまで自己責任で。今までアロマランプを使っていたので!熱を使わないアロマディフューザーが欲しくなりました。

イマが買い時♪

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

アロマセラピー医師がすすめる「アロマセラピー」決定版 [ 川端一永 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

自信をもって、よし!と思えるようになりました。精油やオイルの説明は少ないので、他の本と併用したほうがいいです。(そのかわりモノクロ)また、それぞれの精油の効能一覧の表などがあり、レシピに書いてある精油が手持ちになくても、同じ効能のある別の精油に置き換える、といった参考になります。出来れば、ストレスが多い昨今の社会で1人でも多くの人がアロマの奥深さを発見してもらえればと思います。体の悩みがあったり、もっと専門的な知識を得たい方はこちらの本をおすすめします。この本にあるレシピで!アトピー用のアロマ軟膏を作ってみましたが!いい感じです。危険な精油がたくさんあるので!精油選びの際は香りの好みや欲しい効能だけでなく慎重に選びたいと思います。関西では有名な先生方が執筆されているので!信用性が高いかな?と思います。ワンコのお師匠さんが進めてくれた本です人間にももちろん役に立ちます読みやすく実用的だと思いますカラーページも少なく、見ていて楽しい^^という感じではありませんが、情報量はすごく多いです。ためになります。以前「医師が教えるアロマセラピー 自分で治せる!家庭でできる!」を読んでとても良かったので、この本を購入しました。私もそんなに勉強してないので知識は浅いですが!聞いたことないようなものもあって!そのオイルを買ってそれ以外で使いこなせるのか不安もあり!躊躇ってしまいます。症状の種類が幅広く、レシピがたくさん載っているので実用的だと感じました。しかしながら!就寝する前にその日の気分にあったアロマをいろいろ試しているうちに!気分自体が相当安らぎました。その為、症状を悪化させる事もあるとの事でした。本書は、医師がアロマの奥深さに気付気、治療などと平行してアロマを薦めている良書です。ほとんどが白黒でカラーページはあまりありませんが、アロマの本は3冊目で既にカラーで載ってて欲しい内容は他の2冊で間に合ってるので、逆にレシピ、効能などがすぐに引けて見やすいです。乳幼児や妊娠中の方への情報が多いのもこの本の特徴です。お医者様の立場でかかれた一冊です。中身はカラーページはほんの少しで、地味です。レシピが多すぎて!欲張りな私はなにから始めればいいか迷っていて!まだ実践には至っていませが…(^-^;) 日本ではまだエッセンシャルオイルは雑貨扱いだそうで!粗悪品が多く出回っているそうです。よくアロマテラピーというと、精油をアロマディフューザーで拡散する以外に使い方を知らない、という人が多いですが、私は前作からアロマに入ったので、癒しだけでない、世界では、統合医療(西洋医学だけでなく東洋医学その他、より症状にあった医療)に用いられているだけの事はあって、使い方を守れば、薬より安心です。いきなり薬をやめると病気によっては逆に危険な事もありますが、アロマと併用してうまく使えば、薬を辞めることができると思います。いろいろな症状にあった精油の選び方や精油を使用する際の注意点などが記載されています。1冊手元において置いて、スキマ時間などを使い読み返してみたら良いと思います。というより!対症療法としてアロマテラピーを使うなら!レシピよりもそれぞれの症状に対する説明部分を読んでから!自分なりに処方したほうがいいと思います。アロマを使っていた事がある人が、病気別で目的を持って使用するにはいいと思います。内容がかぶるかも…と心配でしたが!こちらはもう少し専門的で!テキストが多く読み応えがあります。わかりやすく参考になります。図書館で偶然見つけたのですが!アロマセラピーに対して以前よりのめりこむきっかけになった本です。その精油を使う理由もしっかり記入されていて良かったです。前作は!カラフルで!より初心者向き!信用できる精油の選び方などが丁寧に書いてあります。こういう効果が欲しいからレシピがしりたい!とやりたいことが明確にわかっている方にはこちらの本がお勧めです。昼夜逆転した仕事をしている為、以前は昼頃から寝ようとしても寝付けなかった。また、アロマとはどういうものか?などという目的であればカラーの別の本がいいかもしれません。資格取るほどじゃないけどアロマに関心がある方はぜひ、おすすめです。様々な病気別に何パターンかレシピが乗っていて良かったです。^-^今まで何も知らずにアロマに手を出していたので!この本に出会えてよかったです。ある程度の予備知識は必要です。又、医師が書いている本なので安心して実践できると思います。どんどん実践していくぞ〜とアロマテラピーにどっぷりはまるようになった!きっかけのような本です。レシピよりも!むしろ症状にたいする説明の部分の方が役に立つと思います。もっと勉強しないとなぁと思った1冊でした。内容も分かり易く、症状別に簡単にブレンドできるので、購入してよかったと思える本です。アロマセラピーがメインなので!好きな香りで癒されたいとかルームフレグランスぐらいに考えている方には向かないかなと思います。色々な症状に合わせたオイルのブレンドレシピが色々書いてありました。今まで購入した中では一番載っているかも。アロマ検定一級持っていますので、勉強意欲がある人間にはわかりやすいです。子どもに使う場合の注意は役に立つと思います。。すべてに目を通すのも良いですが、自分の抱えている症状に合ったページを読んで、実践されても良いと思います。信頼できるメーカーのオイルも紹介されているので持っていて損のない本だと思います。が、趣味でアロマを楽しみたい人には、向かないと思います。私は長年、アトピーステロイドを使っていたこともあって、薬を減らす補助として、アロマセラピーを使っています。たくさんの本の中から!この本を選びました。アロマテラピーはただ香りを嗅いでリラックスさせるもの位の知識しかなかったのですが、色々な病気の症状の緩和やそのレシピが詳しく書かれていて正に目からウロコでした。最近まで!アロマ自体あまり興味がありませんでしたが!好奇心から始めてみましたが!よく熟睡できるようになりました。アロマテラピーって、なんだか趣味の領域の延長線上でやっているつもりだったのですが、とっても学術的というか、信憑性のおけそうな本を発見。前作「医師が教えるアロマセラピー」を持っているので、ほぼ同じ著者ですし、ちょっと悩みましたが、買って良かったです。勉強になります。精油のどの成分が効くのか説明があったりするので今までほとんど見てなかった分析表なども見るようになりました。初めてアロマに取り組む方は「医師が教える〜」がおすすめ。